「タイダイ」の魅力とは

「タイダイ」の魅力とは

★みなさんご存知の通り、タイダイとは、Tie(絞る)Dye(染める)を合わせた言葉です。

 

★衣類を染料で染める際、衣類の方を絞っておくことで、染料がしみこむところと、しみこまないところができたり、あるいは、絞り方を工夫することで、思いもよらない味わいのある柄が生まれたりするわけです。

 

★一般的に、布を糸などでしばって、その部分だけは染料が滲み込まないようにすることが多いです。このやり方で染めると、柄は、丸っぽいものか、四角っぽいものになり、いわゆる「打ち上げ花火」みたいになります。

 

★当然、経験がものを言う染め方です。また、基本的に、染めの段階が手作業なので、似ているものはできますが、同じ物はできません。オリジナルな一着ができあがるのです

 

★古くから世界各国で独自のタイダイワークが伝えられています。日本にも古くから絞り染めの文化があることは、みなさんご存知の通りですね。

 

★タイダイで注意すべきは、通常、色落ちがあることです。だから、他の衣類といっしょに洗濯しないでくださいね。

 

★ただ、色落ちがあると言うことは、洗濯を重ねる度に、微妙に色合いが変化し、風合も変わっていくので、その変化の過程を楽しめることにもつながります。実際、この変化は、けっこう楽しいです。
<※>色落ちは、現代日本の消費者感覚からすると、「欠点」と言えるものです。しかし、上にも書いたとおり、あんがい楽しめるところが不思議です。他の衣類といっしょに洗濯さえしなければ、色移りの心配はありません。そして、徐々に色合いがマイルドになっていく様には、何とも言えない愛着を覚えるものですよ。

 

>>日本最大級アジャラのお店でタイダイ商品を見る

↑ ↑ ↑

(※)ページをちょっとスクロールするとタイダイ商品が並んでますよ。